遺言を作成したいが踏み切れない

 

成24年経済産業省のアンケート調査によると、遺言を準備すべ

きと感じるが、準備していない」という人が全体上ります。

その理由として、

 

  • 分配の方法など法律的なことが分かない
  • 作成したいが、気持ちの整理が出来ていない
  • 必要を感じているが、遺言という形に抵抗がある
  • 作成しても本当にそれが実現されるか不安だ
  • 身内のことを知られずに作成できるだろうか


 

 

などが挙げられます。 

もしあなたの中に不安や躊躇があるのならば、思い切って客観的な

第3者にアドバイスを求めてみましょう。

遺言で記しても、財産の処分は自由ですし、何度でも書きなおすこと

も可能です。

遺言は「遺書」ではありません。

安心してその後の生活を送るためのツールなのです。