相続手続きとは

 

族の方は、大切な方との死別による悲嘆の中で煩雑な多くの手続きを行わなくてはなりません。

その手続きとは、

 

凍結された預金口座の手続き、各種官公庁手続き、社会保険・生命保険・損害保険の手続き、勤務に係る手続き、車の名義変更手続きや公共料金の手続きまで多亘り、その手続きは70種類に及ぶと言われます。

 

また遺族間のトラブルを防ぐためには不動産や預金など遺産相続関し、遺言などの前準備がぜひとも必要ですが、死後のことは考えたくない、そういう方も多いものです。その結果、遺された方々は、疲れた心と体で遺産分配などを執り行ければならず、その結果トラブルになるなど、精神的な負担を強れることにもなってしまいます