成年後見制度は次の2種類です

 

◎法定後見制度

認知症などで物事を判断する能力が衰えたり、無くなったりした方が利用する制度です。                     詳しくはこちら 

◎任意後見制度

物事を判断する能力が十分にあるうちから、将来に備えて財産管理などを行ってくれる人(=任意後見人)を定めて、予め契約を結んでおく制度です。                          詳しくはこちら