相続の手続きのために必要なこと

 

もし遺言がない場合は、相続の手続きの前に必ず行っておかなくてはならないことがあります。それは

 

  • 法定相続人の確定
  • 遺産の確定

 

です。

法定相続人を確定するには、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を集めることが必要ですが、亡くなった方が親でない場合は役所の窓口で適正な委任状を求められることになり、取得に手間取る場合があります。

 

また遺産の確定については、役所の市民税課で所有不動産を調べたり、金融機関において本人名義の預金を調査する、等の作業を行わなければなりません。

面倒な手続きではありますが、これらを行わないで手続きを進めてしまいあとから相続人や遺産が出てきた場合は、再度協議を行ったり、場合によってはトラブルに発展することもありますので、注意が必要です。