成年後見制度はこのようなときに利用します

 

法定後見制度

 

悪徳商法にかかり、高価な買い物を頻繁にしてしまう。

相続人に認知症の人がおり、遺産の分割が進まない

判断能力が低下し、介護施設の契約や医療契約が出来なくなって

 しまった。

金融機関から取引を停止されてしまった。

不動産の管理や処分を適正に行いたい。

 

任意後見制度

 

子どもがいないので老後のことが不安。

認知症になった時、財産管理を行ってくれる人が欲しい。

施設に入居したいが、任意後見人が居れが入居可能と言われた。

ひとり暮らしなので、亡くなった後のことを一緒に考えてくれる人が

 欲しい。